カツラを作って髪を生やす方法

スポンサードリンク

キャラクターに髪の毛を生やす場合、そのままキャラクターの頭にヘアーを適用してもよいのですが、頭とは別に髪を生やすオブジェクト(カツラ)を用意して髪を生やすとメリットがあります。

カツラをA・B・Cと用意することが出来、後々、髪型を変える場合に一から髪を作り直す必要がなくなるため、簡単に髪型を変えることができます。

Blenderでカツラに髪を生やす方法


Blenderで作ったキャラクターにカツラをつけて、そのカツラに髪を生やすと扱いやすくなるぞ。


カツラはどうやって作るパラ?


Blenderを起動して、頭の素材を読み込ませよう。テンキーのを押して、側面図に切り替えるぞ。Zでワイヤー表示にしよう。


画像のように頂点を選択するけど、反対側も選択されているか確認しましょう。もみあげ部分も選択を忘れないように!毛を多くしたい場合選択部分を増やすといいの。


Shift + D で複製しよう。今は頭の部分が2個ある状態だ。Pを押して、【別オブジェクトに分離】ブラウザを起動する。その中に【選択物】とあるからクリックしよう。


Tabを押すんや。オブジェクト画面に切り替わったやろ?さつき分離した頭の部分が、一つのオブジェクトとして分離されたのを確認できるはずや。


分離した頭を選択した画像になるぞ。編集モードにして全選択をしよう。


簡単に頭に沿ったオブジェクトが制作できた~☆彡すごいじゃない♪


選択中のオブジェクトを動かしても元にあった頭はそのまま維持しているパラ。


Alt + S で頂点全体を縮小するの。


分離したオブジェクトを選択して、【プロパティー欄】から【パーティクル】を選択するぞ。【タイプ】を【ヘアー】に切り替えよう。


後は髪の長さを調節してクシツールで整えたら完成や。どうや?簡単やろ?


この方法は髪以外にも、「眉毛」や「まつ毛」の応用ができるぞ。


カツラをたくさん用意しておくパラ。すぐに髪型が変えられるパラ。