作品

英語で疑問詞を使った疑問文の作り方

更新日:

「これは何?」など、疑問になることを相手に英語で伝える文の作り方は、どのように構成すると良いのでしょうか?

What is thisの疑問文


「ここはどこ?」「それはなぜ?」「その味はどう?」いろんな疑問があるパラ。英語でなんて言えばいいパラ?


それは、いわゆる疑問詞になる。疑問文の作り方が以下に挙げられるぞ。

◎どう?(How)

◎何?(What)

◎誰?(Who)

◎どこ?(Where)

◎いつ?(When)

◎なぜ?(Why)


相手に質問をする時に使う疑問文の作り方になるけど、特に『What』は良く使用される場面が多いんだ。


What・・・、『何?』パラ。たしかによく使う言葉パラ。

◎What is this?{これは何ですか?}

◎It is a camera.{それはカメラです。}


『What』を使用した疑問文は、特定する物が何か分からない場合に使用するぞ。これらの疑問詞は、基本的に文の一番前に書くことが原則だ。


疑問詞は文の一番はじめにつけるパラ。

語尾が下がる疑問詞


疑問詞を声に発して話すときには大切な決まり事があるぞ。まずは、声に出して次の文を読んでみよう。

◎What is this?(ワットゥ イズ ディス?)


言ったパラ。なにを気を付けるパラ?


疑問文は基本的に語尾が上がり調子に読むけど、疑問詞は語尾を下げる。その代わりに、疑問詞を強調する

◎ワットゥ↑ イズ ディス?↓


疑問詞を強調して読むパラ!

疑問詞の回答


疑問詞の使い方はなんとなくわかったパラ。答えるときはなんて言えばいいパラ?


これは何ですか?』との質問に対して、『それは~です。』と回答をしなければいけない。be動詞の回答のように、YES・NOでは回答が出来ない。もしも、be動詞で答えてしまうと次のように意味が通じなくなってしまう。

◎質問:これは何ですか?

◎回答:はい、そうです。いいえ、違います。


意味がワケワカメパラー!!疑問詞は難易度があがるパラー!!


意味が分からない会話になるから、What(何)で聞かれた質問には、It is(それは~です)で答えるのが原則だ。

◎What is this?
{これは何ですか?}

→ It is a pen
{それはペンです。}


間違えないように気を付けるパラ。

スポンサード リンク

-作品

Copyright© もやパンダのBlender+ , 2019 All Rights Reserved.