モディファイアーの変形ツール機能の説明

Blender基礎

Blenderには様々な機能が搭載されています。

Blenderでモディファイアーの変形


モディファイアーの中に変形ってあるじゃない。オブジェクトがグニャ~んって変わるの~?


この機能を使えばグニャ~んって変わるわ!どんなことができるのか見てみましょう!

アーマチュア(Armature)
アーマチュアは、キャラクターを自由に動かす時に必要となる機能です。一つ一つを「骨(Bone)」と呼びます。

成型 (Cast)
成型は、簡単に丸型や四角型に形を変える事が出来る機能です。

カーブ (Curve)
カーブは、カーブパスの形状に沿ってオブジェクトを変形する機能です。雷や電車などに応用することが出来ます。

ディスプレイス(Displace)
ディスプレイスは、テクスチャ機能を使い、凹凸などの変形を作ることが出来る機能です。

フック (Hook)
メッシュ頂点をフック機能を使い、動きや拡大縮小に合わせて操作できるようにする機能です。

ラプラシアンスムーズ (LaplacianSmooth)
オブジェクト形状を維持しつつ、全知的に滑らかにする機能です。

ラティス (Lattice)
ラティスは、形状の中をオブジェクトが変形しながら進む機能です。カゴを作りその中をオブジェクトが変形しながら通り抜けると考えると分かりやすいです。

メッシュ変形(MeshDeform)
メッシュ変形は、任意のクローズメッシュに使用することが出来ます。これにより、別のメッシュ周りの変形ケージとして動作するこが可能となる機能です。服にも応用することが出来ます。

シュリンクラップ (ShrinkWrap)
シュリンクラップは、対象オブジェクトに他のオブジェクトをラップ状に張付けることが出来る機能です。洋服などに応用出来ます。

簡易変形 (SimpleDeform)
簡易変形は、ひねりや鋭角など、簡単に単純な変形をすることが出来る機能です。

ワープ (Wrap)
ワープは、メッシュのパーツを新しい場所へ歪曲することが出来る機能です。FromとToの2つのオブジェクトを利用します。

波 (Wave)
波は、オブジェクトを簡単に波がうっているように見せる事が出来る機能です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
Blender基礎
cgBlenderをフォローする
もやパンダのBlender+