モデリング

テクスチャペイント機能の便利な使い方

更新日:

Blenderではソフト内でテクスチャを制作することが可能です。直感的に色を塗れるのでとても便利な機能になります。

Blenderのテクスチャペイント機能の使い方


テクスチャをBlenderで直接描けるパラ?


直感的に色を塗ることができるから便利な機能になるぞ。Blender3Dビュー内にオブジェクトを用意しよう。画面を2分割して、右下のツールバーから【UV/画像エディター】を選択する。


下のツールバーをみましょう。【新規】とあるわ。表示されていない場合はテクスチャが既に読み込まれているの。【Render Result】と書かれて、すぐ横に【F】【+】【☓】【ペイント】とあるから、【☓】を押すと削除されて新規ボタンが表示されるわ。


テクスチャの「名前」や縦横画像の大きさなどを設定することができるぞ。生成された種類と書かれた項目があって、【ブランク】になっている。ここをクリックして、中にある【UVグリッド】に変更しよう。そして【OK】を押す。


新規テクスチャが読み込まれたわ。背景は透明になるの。左にあるオブジェクトを編集モードにして【U】から【UVマッピング】ブラウザを起動しましょう。

その中から【展開】を選択。右側の画面に展開された頂点が出現するわ。透明のテクスチャが外れた場合は先に設定してあったテクスチャが再度読み込まれた可能性があるの。

右側の画面から「ピクチャーアイコン」をクリックして、新規で作った背景を選択し直してみましょう。


左の画面をみるんや。編集モードから【テクスチャペイント】に切り替えるで。


次にマテリアルを新規追加して、テクスチャも新規追加する。画像のように「■」をクリックして先ほど作った新規のテクスチャを選択しよう。

項目にない場合はテクスチャ項目の下にある「画像」項目の「ピクチャーアイコン」をクリックするぞ。


オブジェクトを見てみると、黒と灰色の色がついたわ。先ほど展開した頂点に対して、UV画像がオブジェクトに反映されている状態。

左側の画面にマウスを持って行き【T】を押しましょう。ツールバーが出てくるけど、色の指定や色の強弱、指定範囲のサイズやグラデーションなど細かいツールが用意されているわ。


色を指定して、オブジェクトの上でクリックしてドラッグしてみよう。色が塗れたと思う。

手を離すと右側の画面に今、色を塗った所が反映する。つまり、右側に色が付いている所が左側の色が付いている所だ。反映されている。


連動してるパラ!


左側のオブジェクトだけのペイントでも色を付けることができるけど、色がなかなか付かない場所もあるの。

例えば、画像のようにミラーツールでモデリングしたオブジェクトは真ん中が割れている場合もあるから縦線が入りやすいわ。このような時に右側でペイントしていくと安心。


右側の下ツールバーから【モード】ブラウザにある【ペイント】を選択しよう。そして【T】を押す。左側と同じようにペイントツールが表示されたぞ。


左側のオブジェクトにそのままペイントを行うとUVの線通りに色を塗っていくことになるの。そのため塗りきれていない部分が出てきてしまうわ。

そこで右側のUV展開したものにペイントをすることで回避することができるの。UV展開した線よりも盛るような感じで同色を塗っていきましょう。

確実に手っ取り早く全ての色を付けるには背景すべてに色を塗るのも一つの手。


綺麗に塗れた~☆彡バッチリじゃない♪


左下のツールバーから【画像】を選択して【画像を別名保存】をクリックして、画像を保存しよう。

画像が保存されているか確認して【F12】でレンダリングしてみよう!先ほど色を付けたはずなのに色が反映されていないから【ESC】で一旦戻るぞ。


マテリアルをクリックした後、テクスチャをクリックして、【画像】欄から【開く】ボタンを押して、先ほど保存した画像を選択しましょう。また、マッピング項目で座標が【UV】設定になっているのかを確認するの。


【F12】でレンダリングや。今度はバッチリやな。


ペイントツールバーにある「テクスチャ」から写真などのテクスチャを読み込むことでも、ペイントとして使用できる。例えば木目などの模様を色として反映してオブジェクトに塗ることができるぞ。直感的な部分にリアルなテクスチャを貼ることが可能だ。


自由に色が塗れるパラ。直感的にオブジェクトに色を塗るパラ。

スポンサード リンク

-モデリング

Copyright© もやパンダのBlender+ , 2018 All Rights Reserved.