Blender Cyclesレンダーでテクスチャノードの種類と機能

スポンサード リンク

Blenderは様々な機能が搭載されています。

 

Blender Cycles、テクスチャノード(Texture Node)のチュートリアル


マテリアルでCyclesノードのテクスチャを見てみよう。

 


テクスチャはマテリアル以上の表現力ができるパラ。

 

 

画像テクスチャ(Image Texture)
テクスチャを読み込みイメージ画を貼り付けます。
・開く(Open)
イメージを開きます。
・カラー(Color)
イメージデータのColorまたはNon-color Dataから選択します。
・フラット(Projection)
フラット=座標を使用。ボックス=六面体にマッピング。

環境テクスチャ(Environment Texture)
テクスチャとして、経度や緯度の環境マップを貼り付けます。
・開く(Open)
イメージを開きます。
・カラー(Color)
イメージデータのColorまたはNon-color Dataから選択します。
・正距円筒図(Equirectangular)
投影方法をマッピング。

大気テクスチャ(Sky Texture)
大気と太陽を生成します。
・Hosek/Wikie(Hosek/Wikie)
スカイモデルを選択。
・濁度(Turbidity)
大気の濁度の設定 (例)3=晴天。
・地面のアルべッド(Ground Albedo)
大気から反射される光量。

ノイズテクスチャ(Noise Texture)
ノイズを発生させるテクスチャノードです。
・拡大縮小(Scale)
テクスチャスケールを設定。
・細かさ(Detail)
ノイズ詳細量の設定。
・歪み(Distortion)
ゆがみ量を設定。

波テクスチャ(Wave Texture)
リング状やバンド状の模様を生成するテクスチャノードです。
・バンド(Bands)
波のタイプを選択。
・拡大縮小(Scale)
テクスチャスケールを設定。
・歪み(Distortion)
ゆがみ量を設定。
・細かさ(Detail)
ノイズ詳細量を設定。
・細部のスケール(Detail Scale)
ノイズ詳細スケールの設定。

ボロノイテクスチャ(Voronoi Texture)
ボロノイテクスチャを設定します。大理石などのテクスチャを生成出来ます。
・拡大縮小(Scale)
テクスチャスケールを設定。

マスグレイブテクスチャ(Musgrave Texture)
高度なノイズを発生させるテクスチャノードです。

グラデーションテクスチャ(Gradient Texture)
グラデーションを生成するテクスチャです。

マジックテクスチャ(Magic Texture)
サイケデリックカラーを生成します。ヘビのウロコなどの表現が出来ます。
・深度(Depth)
反復数を設定。

市松模様テクスチャ(Checker Texture)
チェックテクスチャを設定します。

レンガテクスチャ(Brick Texture)
レンガのテクスチャを生成します。
・オフセット(Offset)
レンガのズレを設定。
・頻度(Frequency)
レンガのズレの周期を設定。
・別のレンガ(Squash)
レンガを潰す割合を設定。
・モルタル(Mortar)
モルタル色の設定。
(モルタル:砂(細骨材)とセメントと水とを練り混ぜて作る建築材料)
・列の高さ(Row Height)
レンガの高さを設定。