サンビーム(Sun Beams)の使い方

スポンサードリンク

Blenderの機能に”Sun Beams(サンビーム)”があります。別名は「天使の梯子」と呼ばれ、媒体中で光が散乱して輝く効果をシミュレートする2Dエフェクトです。(2D画像のみで作業している時、ボリューメトリックデータは利用できません。)

サンビーム(Sun Beams)の使い方と設定方法


太陽の光ってきれい~☆彡雲の間から出ている太陽の光は天使がでてきそうだよ~♪


Blenderで太陽の光を表現することができるわ。“Sun Beams(サンビーム)”って機能があるけど、ノードは画像の輝度のみを元にした簡単な計算で納得できるエフェクトを作成することができるの。


サンビームの機能は空間に雰囲気をぎょーさん作り出せるで。神話のシーン、ホラーのシーン、使い方は無限大や。


窓付きの部屋がある。外にサンライトを設定しているぞ。


レンダリングを実行すると、ライトに照らされている部屋の床に光が当たっているわ。


う~ん、わたしの思ってる太陽の光とはまったく違う感じがするよ☆彡


ノード機能や。Add→フィルター→サンビームを選択や。Add→カラー→ミックスの2つを追加して画像のようにノードを繋ぐんや。ミックス→追加に切り替えたら準備万端や。


サンビームのレイの長さを調整しましょう!シーンによって最適な数字にかえるの。数字が小さいほど光の長さが短くなるわ。すぐ上にある数字は光の角度による調整ができるの。分かりやすいように背景の色を変えておきましょう。


レンダリングを実行パラ!


これだよ~こんな感じだよ~☆彡サンビーンがあるとふんいきが一気にアップ♪木漏れ日のCGに使えるじゃない☆彡