モデリングで類似部分を一括選択する方法のやり方

スポンサードリンク

モデリングの機能に類似選択機能と呼ばれるものがあります。

Blenderの類似選択機能とは


CG作ってて気づいたパラ。左右対称のものが多いパラ。


それ世紀の大発見じゃない・・・。


世の中には左右対称のものが多いから、Blenderには類似選択機能があるの。これはある部分のポリゴンを選択すると、その部分に似ている部分のポリゴンが選択されるというもの。モンキーを追加しましょう。編集モードにして目の部分を選択するの。


ツールバーの選択(Select)の中にある類似(Select Similar)を選んで、面の領域(Face Regions)をクリックしよう。ショートカットキーはShift+Gになるぞ。類似された部分が自動選択された。簡単に似ている部分を選択することが可能だ。


キャラクターの歯で使えるパラ。歯は一本一本同じ形で同じ頂点数をいくつも並べて配置してるパラ。


うん、歯を全部選択するのは手間がかかるわ。頂点を一つ選択して、CtrlLで繋がっている部分を一括選択ができるけどこの場合は20本の歯があれば20個の頂点を選択してからCtlr+Lを押さないと歯をすべて選択することができないの。


そこで類似選択の出番や。歯の頂点を一箇所選択してやな、Ctrl+L一本の歯を全選択するんや。Shift+Gで面の領域を選択すると全部の歯が選択できるで。めっちゃ便利やん。