Blender「マテリアル・テクスチャ・カメラ・ライト」機能の必要性

Blender基礎

Blenderで必ず使用することになる機能があります。”マテリアル・テクスチャ・カメラ・ライト”の場所と意味を理解しておきましょう。

CGのマテリアルの意味とは


CGっていがいとおぼえることたくさんある~。マテリアルってな~に?


マテリアルは、”オブジェクトに色を付ける機能”を言うぞ。Blenderでは、面ごとに色を簡単に分けることができる。マテリアル設定は、ガラスの質感・反射・透明・発光など、色に関する様々な設定が可能だ。マテリアルの場所はBlenderを起動したら右側にあるぞ。

CGのテクスチャの意味とは


マテリアルは色をつけるパラ。テクスチャはどんな意味があるパラ?


テクスチャは、メッシュに貼り付ける画像のことを言うの。マテリアルで色を付けていないメッシュにイメージ画像を貼り付けることで3D表示をすることができるわ。

マテリアルはオブジェクトに単色を付ける機能だけど、テクスチャはオブジェクトに”イメージ画像を貼り付ける機能”と覚えておくといいわ。


どんな時にテクスチャを使うのかな~?どっちもけっきょくは”色”をつけるんでしょ~?


テクスチャーは、マテリアルで表現できへん”模様”を再現することができるんや。カメラで木や花びら撮ーて、CGソフトに読み込むとリアリティー満載な作品が作れるで。場所はマテリアルのお隣さんや!


Blenderでは擬似的に凹凸を出すこともテクスチャを使ってできるわ。石やレンガなどの表面がボコボコしているオブジェクトを制作する時にすごく便利なの。

細かい凹凸をモデリングすると時間もかかるし、ポリゴンの数も多くなってメモリがすぐになくなるわ。そこで擬似的に凹凸を付けることでポリゴン数を削減できて、メモリーに余裕を与えることができるの。


制作の時間の短縮にも繋がるパラ!

CGのカメラの意味とは


CGってカメラを”はいち”するんだよね~☆彡このカメラがないと画像にできないらしいよ~☆彡わたしって”も・の・し・り”


CG制作ではカメラが重要な役割を果たす!カメラがないと静止画も動画も出力をすることができない。カメラはCGを画像にする上で必ず必要になる機能だ。

オブジェクトを配置してレンダリングをしても、自分が思っている角度や距離にすることはできない。そこでカメラを自分が決めるベストなポジションに移動する必要があるんだ。Blenderではカメラもオブジェクトと同じように移動することができるぞ。

CGのライトの意味とは


ライトも必要や!ライトがないとまっくろけやー!ライトでオブジェクトを照らすんやー!


モデルさんを撮影する時に必ず大掛かりな照明を配置しているわ。これはモデルさんに光を当てることで全体を明るできるからなの。印象を変えることを目的にしているわ。証明写真機やプリクラにもライトがたくさん仕込まれているの。


光は被写体を輝かせるために重要なアイテムパラ。CG制作も同じパラ。


Blenderにはライトの種類がいくつかあるわ。基本的にオブジェクトに光を当てることが主な役割よ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
Blender基礎
cgBlenderをフォローする
もやパンダのBlender+