Blender Cyclesレンダーで入力の種類と機能

スポンサードリンク

Blenderは様々な機能が搭載されています。

Blender Cycles、入力(input)の解説


Cyclesのノードで入力の種類を見ていきましょう。


入力ノードを見るパラ。

テクスチャ座標(Texture Coordinate)
通常は、テクスチャノードに使用します。

属性(Attribute)
オブジェクトまたはメッシュの属性を受け取ります。

ライトパス(Light Path)
光に対して、どのようなシェーダが実行されているのか調べるためのノードです。

フルネル(Fresnel)
透過屈折に対する光の反射率を計算します。

レイヤーウェイト(Layer Weight)
ウェイトを出力するノードです。

RGB(RGB)
色を入力します。

値(Value)
スカラ値をノードへ入力します。

タンジェント(Tangent)
他のノードと組み合わせ、接線方向を生成します。

ジオメトリ(Geometry)
ジオメトリ情報を出力します。

ワイヤーフレーム(Wireframe)
ワイヤフレームで使用できるノードです。

オブジェクト情報(Object Info)
オブジェクトに関する情報を出力します。

ヘアー情報(Hair Info)
パーティクルヘアーの情報を出力します。
・厚さ(Thickness)
:ストランド上の太さを出力。

パーティクル情報(Particle Info)
パーティクルの情報を出力します。
・経過時間(Age)
:経過する時間を出力。
・寿命(Lifetime)
:総寿命を出力。
・速度(Velocity)
:パーティクルの速度を出力。
・角速度(Angular Veloctity)
:パーティクル角速度を出力。

カメラデータ(Camera Data)
カメラ情報を出力します。