人体をモデリングする時の基礎知識

モデリング

人体のモデリングをするには、複雑な曲線を再現していく必要があります。Blenderでは人物をモデリングする方法がたくさんありますが、基本的に筋肉の流れをイメージすることでモデリングがしやすくなります。

人物を3DCGでモデリングする基礎知識


CGで生き物をモデリングするときには大切なことを知る必要がある。


大切なことパラ?


例えば、人のモデリングを作るときには、顔の筋肉の流れを把握することが大切なんだ。


ぬぉ?どういうことパラ?


下記画像は人体の筋肉の流れに色付けしたものになるぞ。もちろん、人だけじゃなくて動物やキャラクターも筋肉の流れをイメージしてモデリングをすると形にしやすいんだ。


(出典:livedoor.blogimg.jp)


色のついた面が重要パラ。


口からほっぺたに伝わる筋肉は膨れているからポリゴンもほっぺたの膨らみに合わせて膨らませるの。ポリゴンの数を増やせば滑らかになるけど、ポリゴンが増えるほどシワが出来やすくなったり、データ量が多くなるから注意が必要よ。


少ないポリゴンで大まかなモデリングしよう。Blenderには便利な機能「細分割曲面」があるから、ポリゴン数を後で増やすことも可能だ。


生き物のモデリングは難しいパラ。筋肉の流れをイメージすると作りやすくなるパラ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
モデリング
cgBlenderをフォローする
もやパンダのBlender+