モデリング

髪のテクスチャをGIMPで作る方法

更新日:

Blenderでは、パーティクルを使い髪を生成することが出来ます。ここではGIMPペイントソフトを使い、テクスチャの髪を作るやり方を解説しています。

Blenderで「布」シミュレートを設定することで物理衝突が可能になります。そして、アニメ調の強いキャラクターをモデリングする際に、パーティクルシステムよりもポリゴン数を削減できるなどメリットがあります。GIMPをダウンロードし、インストールしましょう。

Blenderで髪のテクスチャをGIMPで作る方法


Blenderで髪をつくる方法はたくさんある~☆彡パーティクル使わないで作る方法はあるの?


あるわ。GIMPとBlenderを使うの。GIMPを起動して新規作成。サイズは場合によるけど、ここでは「1000×1000」にしてみましょう。


「Tool box」のグラデーションアイコンをクリックする。カラーパレットの色を変えよう。

一つを赤、もう一つを黒にしてみたぞ。この色は髪の色の基礎色になるから、どの色の髪にするかで変わるんだ。

「Tool Options」にある「Shape」項目を「Bi-linear」に変更する。


画面上付近から下へドラッグしましょう。髪の生え際を無くしたい場合は、最上部から下へドラッグするの。「Ctrl+ドラッグ」でまっすぐに線を落とせるわ。


グラデーション画像ができた!「Filters」より「Noise」から「HSV Noise」を選択しよう。


ノイズは好みで設定や。髪の質感になるで。「OK」を押すとノイズ画像が完成や。


「Filters」より「Blur」から「Motion Blur」を選択しましょう!


「Length」
:数字を高くするほど髪がまっすぐストレートになる。

「Angle」
:縦線の方向。「90」が直角となりまっすぐの角度になる。

決まったら「OK」を押そう。縦線の入った画像が完成。


「Colors」から「Levels」を選択しましょう。


「▲・△」のアイコンがある。この三角アイコンを移動することで色の調整ができるぞ。決まったら「OK」を押そう。


「File」より「Expot」から「PNG形式」で保存。


これで、髪のテクスチャは完成だ。でもこのままBlenderでこのテクスチャを読み込ませると髪の先が黒い状態になってしまう。そこで、黒い部分だけを消すためアルファ透過用にもう一枚作るぞ。

「Colors」から「Desaturate」を選択。そのまま「OK」を押そう。


「Colors」から「Brightness-Contrast」を選択や。


「Contrast」を「127」最大値まで上げ、「Brightness」を一度最大値まで上げてから少しだけ下げる。ここでは「121」まで下げてみたぞ。

後は、同じように「File」から画像を保存する。これで、髪のテクスチャは完成だ。


完成♪完成♪お次はBlender☆彡


Blenderで設定するパラ!


Blenderを起動して平面を追加しましょう。マテリアルを新規追加して、「透過」にチェックを入れるの。「アルファ」の値を「0.000」にしましょう。


テクスチャを新規追加するけど、GIMPで制作した髪のテクスチャ1枚目と2枚目を画像のように追加しよう。


2枚目のテクスチャを選択。「画像」欄に「アルファを使用」とあるからチェックを外すの。「影響」項目に「カラー」とあるからチェックを外して、「アルファ」にチェックを入れましょう。


赤の髪の先にある黒い部分が透過されて、毛先として表現することができる。


やったー!メモリーを抑えながら髪の毛がつくれる~♪


パーティクルのヘアー機能はポリゴン数が多くなりやすいパラ。メモリーの量と相談して作り方を決めるパラ。

スポンサード リンク

-モデリング

Copyright© もやパンダのBlender+ , 2019 All Rights Reserved.