英語の挨拶の仕方「目上の人と親しい人の挨拶の言い方」

スポンサードリンク

挨拶は人の社会にとって、とても大切な言葉です。どの国でもどの人種でも挨拶の言葉を持っています。

英語で挨拶の仕方


英語であいさつはどうしたらいいパラ?


ハロ~♪朝も昼も夜もぜ~んぶハロ~でOK♪わたし英語かんぺき~☆彡


あいさつは会話の基本だ。日本語同様に英語にもあいさつの仕方があるぞ。その言葉を見ていこう。

基本的な挨拶の丁寧語

◎Good morning
おはようございます

◎Good afternoon
こんにちは

◎Good evening
こんばんは

◎Good bye
さようなら

これらの単語は通常の挨拶になります。目上の人や初めて会う人などに対して良く使用をされる丁寧語です。

親しい人へ挨拶の仕方

「こんにちは」はGood afternoon。ですが、これは丁寧語になるため、友達や親しい人などに対しては少し手軽な言い方に直します。同じ「こんにちは」の意味を持つ『Hello・Hi』を使用すると良いでしょう。

また、別れの時の挨拶の丁寧語が「Good bye」。この単語を友達や親しい人へ言う場合は、『Bye bye・See you』を使用します。

「Bye bye(バイバイ)」は日本でも使用をされている言葉です。Bye byeは「さよなら」という意味で、See youは「また会いましょう」と云う意味を持ちます。『See you again bye』と言っても良いです。

againは「再び」という意味になります。つまり、「また会いましょう、再び、バイバイ」の意味になります。要するに日本語略に直すと「さようなら、また会いましょう」。


挨拶はどこの国でも使われるとっても大切なもの。挨拶が出来るように覚えておこう。


”ナマステ”~パラ♪


そのあいさつは”インド”じゃない☆彡