モデリング

唇や爪などの光沢テクスチャを作成する方法

更新日:

光沢(反射)テクスチャは、オブジェクトの反射を制御することが出来るテクスチャです。例えば、人間の唇は光の方向によって反射の仕方が変わります。

また、肌は反射しますが唇ほどの照り返しはありません。爪も強い光沢を持っています。このテクスチャを設定していない場合、オブジェクト全体が反射します。

そこで、部分的に反射させるために光沢(反射)テクスチャを使い制御します。

フリーソフトの「GIMP」をダウンロードし、インストールをして起動。オブジェクトのUV展開したテクスチャを読み込みましょう。

BlenderとGIMPで唇や爪の光沢テクスチャを作成


唇と爪はキラキラしているパラ。Blenderで再現できるパラ?


GIMPのソフトでテクスチャを作ってからBlenderに読み込む方法があるぞ。「Layer」から「New Layer」を選択しよう。新規追加画面が表示されるから「OK」を押す。レイヤーブラウザ画面に新しいレイヤーが追加される。


「Toolbox」から筆のペンアイコンを選択しましょう。色を変えるツール「白」を選択するの。「Tooloptions」の上にあるパラメータを下げましょう。これは透過にする項目。その下にあるパラメータは、選択範囲のサイズを設定するわ。


光を反射させたい場所に色を塗ろう!強い白は反射を強くして、より透明に近い白だと反射を弱くする。

ポイントは、唇・頬・おデコ・頭・爪だ。特に、唇や爪は他の部分より少し強めの白にした方がいいかもしれない。


新しくレイヤーに追加された部分が白くなっているわ。「Layer」から「New Layer」を選択して「OK」を押すの。


新しくレイヤーが追加された。レイヤーが3つ並んだボックスの下のツールバーに緑の矢印があるぞ。クリックして下に落とそう。追加したレイヤーが真ん中に来ている状態だ。


「Tool box」から「ペンキ入れアイコン」を選択するんや。さっきと同じように色を変えるで。しかしやな、今度は「黒」を選択するんや。


そのまま透明(テクスチャがない場所)な部分にマウスを合わせてクリックする。すると、画像のように黒と白の画像ができるはず!


一番上のレイヤーを選択して、右クリックしましょう。「Merge Down」とあるから選択。これは下のレイヤーと統合する機能になるわ。


「Filtres」に「Noise」があるやろ?選択や。その中に「HSV Noise」があるで。


ブラウザが起動するから、好みのノイズに調整して「OK」を押しましょう。もし一度のノイズで足りない場合は、もう一度同じように繰り返して設定するといいわ。一回目のノイズ+現在のノイズになり、ノイズが強くなるの。


ノイズ付きの光沢(反射)テクスチャが完成だ!「File」より「PNG形式」で保存するぞ。


Blenderを起動してマテリアル項目にある「スペキュラー」の強度を「1.000」にしましょう。レンダリングをすると全体的に光沢を放っているわ。


テクスチャを新規追加する。「画像・動画」を選択して先ほどGIMPで制作した光沢テクスチャを読み込もう。そしてマッピングの座標を「UV」にセットする。


詳細設定項目の「影響」にある「カラー」のチェックを外すわ。続いてスペキュラーの「カラー」にチェックを入れるの。


完成☆彡レンダリングしたら全体的なテカリがなくなった♪GIMPで白く塗った部分だけ光が跳ね返るようになった☆彡すごいじゃないBlender♪


プルプルの唇を表現したり、光沢を持つ爪を表現するパラ。より現実世界のものに近づくパラ。

スポンサード リンク

-モデリング

Copyright© もやパンダのBlender+ , 2019 All Rights Reserved.