モデリング

GIMPでジオメトリ凹凸テクスチャの作り方

更新日:

人の肌をよく見ると、つるつるではなく凹凸があるのが分かります。この凹凸を擬似的に再現するテクスチャをフリーソフトのGIMPを用いて制作していきます。

まず、UVテクスチャを設定したキャラクターなどを用意して下さい。そのUV展開されたテクスチャを使用します。

BlenderとGIMPでジオメトリテクスチャの作り方


GIMPでジオメトリテクスチャを作ることができるわ。


どんな機能パラ?


凹凸を擬似的に再現するテクスチャになるぞ。フリーソフトの「GIMP」を起動して、UV展開したテクスチャを読み込もう。

「Colors」から「Desaturare」を選ぶとブラウザが起動するから、「Luminosity」を選び「OK」を押す。


「Colors」から「Invert」を選択しましょう。画像がモノクロになるわ。


「Layer」から「New Layer」を選択してやな「OK」を押すんや。簡単やろ?


ブラウザにレイヤーが追加された。「Toolboox」から筆のペンアイコンを選択しよう。そしてカラーパレットを「白」に変更するぞ。


凹凸を付けたくない部分を白で塗るの。ポイントは、歯や歯茎、爪などは凹凸を付けないほうがいいわ。画像はオブジェクトをUV展開した図。白い部分が凹凸されるの。


上のレイヤーを選択して右クリックをしたら項目が表示される。「Merge Down」を選ぼう。1枚目と2枚目のレイヤーが統合されるぞ。


「Colors」から「Brightness Contrast」を選択。コントラストを調整しましょう。少し暗めに設定するといいわ。


「File」から「Export」を選択し「PNG形式」で保存。


通常のテクスチャを設定しているわ。テクスチャを追加して「画像または動画」を選び、先ほどGIMPで制作したテクスチャを読み込ませましょう。マッピングの座標は「UV」を選択。


テクスチャ詳細設定で「カラー」のチェックを外す。「ジオメトリ」のチェックを入れるけど、「5.000」にすると影響を大きくすることができるぞ。


左がノーマルの状態や。右がジオメトリを適用したテクスチャや。膨れている所がGIMPで白く塗った部分やで。ボコってなってるやろ?


少し分かりづらいけど、腕の光沢部分に注目するとザラザラしていることが確認できるわ。


ざらざらしてる☆彡つるつるよりリアルになるじゃない☆彡


カメラを至近距離から撮ると、ツルツルの肌よりはザラザラしていたほうが、より現実世界の肌に近く見せることができるパラ。CGの見え方を和らげてくれるパラ。

スポンサード リンク

-モデリング

Copyright© もやパンダのBlender+ , 2018 All Rights Reserved.