Blenderのモディファイアー「生成」機能の説明

Blender基礎

Blenderには様々な機能が搭載されています。

モディファイアーの生成機能


モディファイアーの生成にはなにがあるパラ?


生成にある機能を見ていこう。

配列複製 (Array)
オブジェクトを一定の軸に並べて配列を複製することが出来る機能です。元のオブジェクトをそのままコピーし、データも維持されるため、元のオブジェクトを編集すると複製したオブジェクトも同じように変化します。

ベベル (Bevel)
オブジェクトの角を丸める機能です。別名、「面取り」よも呼ばれ、角ばったメッシュを丸めることで柔らかいイメージを出す効果が得られます。

ブーリアン (Boolean)
ブーリアンは、2つのオブジェクトの重なる部分を加算・減算・合算し、オブジェクト同士を結合することが出来る演算ツールです。

ビルドアニメ (Build)
オブジェクトが出現する過程をアニメーションすることが出来る機能です。

ポリゴン数削減(Decimate)
オブジェクトのポリゴン数を削減することが出来る機能です。頂点が多いオブジェクトは、パソコンの動作が重くなります。ポリゴンの数を減らすことで動作を軽くすることが出来ます。

辺分離 (EdgeSplit)
オブジェクトに鋭角を付けることができる機能です。ポリゴンの角度を付けることで角ばったオブジェクトにすることが出来ます。

マスク (Mask)
指定した頂点を隠す機能です。

ミラー (Mirror)
ミラーツールは、Blenderでモデリングをする際大変役に立つ機能です。オブジェクトは、キャラや物、大抵の場合が左右対称です。半分のモデリングを行えばもう半分も自動でモデリングされます。作業時間が2分の1以上になります。

多重解像度 (Multiresolution)
多重解像度は、元々、スカルプトモードの機能でした。スカルプトモードとは、粘土みたいに凹凸を付けることができる機能です。モディファイアーの一部となりアニメーションを付けることが可能となりました。

リメッシュ (Remesh)
リメッシュは、一度制作したポリゴンを再構築する機能です。例えば、スカルプトトモードなどで増えすぎた頂点を減らすことが可能となります。また、密度の高いポリゴンを平均化することも出来ます。

スクリュー (Screw)
スクリュー機能は、オブジェクトを回転させることが出来る機能です。別名、「回転体」とも呼ばれます。主に、ネジのモデリングに活用出来ます。

スキン (Skin)
メッシュの頂点や辺に新しいメッシュを付けることができる機能です。アーマチュアとして出力されるので、頂点を動かすと連動して動かすことが出来ます。

厚み付け (Solidify)
厚み付け機能は、メッシュのデータを壊さずに厚みを付けることが出来る機能です。コップや服などのオブジェクトに威力を発揮します。

細分割曲面 (Subdivisionsurface)
完成したオブジェクトをスムーズ以上に滑らかにする機能です。Blenderを使用する上で非常に多く使用する機能となるので覚えておきましょう。

三角面化 (Triangulate)
CG制作では、ポリゴンの頂点数は3点または4点が基本になっています。Blenderの場合は、ビーメッシュという新しいポリゴン編集が搭載されましたが、基本的には3点や4点の制作が基本となります。

ワイヤーフレーム(Wireframe)
ワイヤフレームは、オブジェクトを簡単にワイヤー状にすることが出来る機能です。例えば、金網や虫取り網など、細かい網目状になっていますがモデリングには非常に時間がかかります。そこでワイヤーフレームを使うことで、簡単にモデリングが可能です。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
Blender基礎
cgBlenderをフォローする
もやパンダのBlender+