FreeStyleをSVGでエクスポート(書き出し)する方法

Blender基礎

Blenderには、2Dスケッチのように線を強調させたレンダリングの出力が出来ます。その機能はSVGエクスポータ(Freestyle SVG Exporter)です。

FreeStyleをSVGで出力


Blenderは”塗り絵”も作れるわ。


本当~?わたし塗り絵だ~いすき♪CGで塗り絵をするの~?


塗り絵の原本を出力して、色は色鉛筆やクレヨンを使って自分で塗れるの。


すごいパラ~♪塗り絵でたくさん遊ぶパラ~♪


ユーザー設定→アドオンを選択しましょう!左ツールバーからレンダーを選ぶの。項目の中にFreeStyle SVG Exporterがあるからチェックを入れるわ。


プロパティのカメラアイコンを選ぼう!項目の中にFreeStyle SVG Exporterがあるからチェックをする。そして、FreeStyle項目にもチェックを入れよう。Cyclesレンダーに設定を変えている場合は離れて配置されているぞ。詳細設定はカメラアイコンのすぐ横にあるレイヤーアイコンでできる。


レンダリングをこのまま実行しても大丈夫だけど、保存先が¥tmpになっているの。出力先が分かりやすいようにデスクトップに変えておくと分かりやすいわ。

レンダリングを実行すると、デスクトップに「0001.svg」というSVGファイルが出力されるの。ポイントはオブジェクトに”スムーズやモディファイアー”をかけて綺麗にしないこと。角ばってるオブジェクトの方が綺麗に線を出すことができるわ。


無料画像ソフトGIMPで表示すると背景が透明になっていることがわかるで!ぬり絵に応用できるんや。子どもは喜ぶでー。


この機能おもしろいじゃない♪最高最高最高だよ~☆彡

スポンサード リンク
スポンサード リンク
Blender基礎
cgBlenderをフォローする
もやパンダのBlender+