目の周辺をモデリングするやり方

スポンサードリンク

キャラクターの目は重要ですが、”目玉のおやじ”などの特殊キャラを除いて、その目をおさめる周囲のモデリング(皮膚)が必要です。

日本の2D漫画・アニメーションの場合は、目を大きく作る傾向にありますが、一方で3Dアニメーションは、より現実世界の人間に近づけるために、通常の人間の目の大きさに合わせるキャラクターが多い印象です。ただ、どちらも好みの問題なので、作り方キャラクターに合わせて目の大きさを調整します。

こでのチュートリアルは、 現実世界の人間の目をモデリングします。前と横、それぞれの人物絵を用意しましょう。真正面と真横をしっかりと向いているものが適しています。

目の周辺をモデリングする方法


キャラクターは目が重要パラ!キャラクターに命をいれるパラ!


目はキャラにとってホンマにだいじや。ワイを見てみー。左右のめんたまの位置が同じやったらカメレオンおもわんやろ。


ぷぷぷ。舌としっぽをみたらすぐにカメレオンってわかるじゃない♪でも頭につけてるアクセサリーの”つの”はいみがわからないけどね☆彡


目玉を作る前に顔を作る必要があるけど、目玉のサイズに合わせて切り抜く形で作る必要があるんだ。


3DView編集画面を二分割にして、【フロント】と【ライト】に切り替えましょう。Nでツールを読みだして、顔の中心がX・Y軸の中心にくるようにするの。


ShiftAから【メッシュ】→【】を追加しよう。


オブジェクトツールの下の方に【円の追加】があるやろ?頂点を【12】にセットするんや。次にやな、【視点に揃える】にチェック欄があるさかい、チェックをONやでー。


円の向きが正面になったパラ。


Editモードに切り替えましょう。で頂点を全部選択するの。そのままを使いながら、目の形に沿う感じで頂点を移動していくわ。


前の頂点を決めたら、今度は横から見た場合の頂点を決めていくぞ。ライト視点の方で編集をしよう。で頂点を移動しながら調整をしていく。


目の周辺にある基礎が完成☆彡とってもだいじな頂点になるよ~♪


を押して頂点を全選択をしよう。を押すと頂点が増えて、面が出現するんだ。


「E」で頂点を増やしてから、「S」で拡大したから面が出来たの。増やした頂点はこれからの顔モデリングをしていくにあたり、ものすごく大切になるわ。顔には筋肉の流れや凹凸があるから、意識をしながら外側にある頂点を配置しましょう。


中にある頂点を全選択しよう。一つの頂点を選択してAlt+右クリックで一括選択が可能だぞ。時間短縮にもなるからショートカットキーは積極的に使おう。を押し頂点を増やした後に、を押して、後退させる。


目玉を入れる穴ができたパラ!


Tabを押して【オブジェクトモード】に切り替えるんやー!プロパティーから【生成】→【ミラー】を選択するんやでー!


ミラーはどんな機能なの~?


ミラーは鏡。この世にあるほとんどのものは若干の違いはあるけど左右対称にできているの。右の編集をすると同時に左も同じように編集される機能がミラーになるわ。


左右対称のモデリングは編集時間が2分の1に短縮するパラ~♪便利パラ~♪


うまくミラーができていない場合は、カーソルを顔の中心に移動していなかった可能性がある。編集モードに切り替えて目の位置に移動しよう。


目の周辺のモデリングができたパラ!