Blenderエディタータイプの種類

Blender基礎

エディタータイプには多くの機能があります。

エディタータイプの解説


エディタータイプはBlenderの重要項目が格納されているわ。合成・UV・ビデオ編集など、エディタータイプ項目で変更ができるの。左下にあるアイコンをクリックすると、各エディタータイプの項目が表示されるわ。

Python コンソール(Console)
直接入力のプログラミングによるコンソールです。オブジェクトなどを生成することが出来ます。

情報(info)
ソフト使用中のエラーメッセージなどの情報を表示します。

ユーザー設定(User Preferences)
infoツールバーにもあるものと同じです。Blenderの各種設定を行います。

プロパティ(Properties)
画像サイズの設定など、レンダリングを開始する前の最終設定項目です。

ロジックエディター(Logic Editor)
ゲームエンジンになりオブジェクトの挙動などを設定します。

ノードエディター(Node Editor)
画像にエフェクトを設定出来ます。

テキストエディター(Text Editor)
プログラミングなどを書くことが出来るメモ帳です。

動画クリップエディター(Movie Clip Editor)
合成画像を作るためのトラッキング設定ツールになります。

ビデオシーケンスエディター(Video Sequence Edtior)
連番画像を繋げたり、フィルターをかけたりできる動画編集ツールです。

UV画像エディター(UV/Image Editor)
オブジェクトなどに画像を貼り付けるために使用します。

NLAエディター(NLA Editor)
ノンリニアアニメーションの略で、キーフレーム間の長さを変更したり、複製、ピストンなどの動作を簡単に設定出来ます。

ドープシート(Dope Sheet)
アニメーションの設定をすることが出来ます。コピーやペーストが使えます。

グラフエディター(Graph Editor)
振動なぢ、アニメーションの変化をべジュ曲線のように細かく編集が出来るツールです。

タイムライン(Timeline)
アニメーションを簡易に設定する時間軸。

3Dビュー(3D View)
CGモデリング編集画面で、Blenderの基礎画面です。


エディターの種類がわかればすぐに目的の場所にいけるパラ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
Blender基礎
cgBlenderをフォローする
もやパンダのBlender+