モデリング

Cycleレンダー アルファチャンネルで髪テクスチャの設定方法

更新日:

Cyclesレンダーを使い、アルファ透過をする方法です。髪を例として記載しています。【髪のテクスチャをGIMPで作る方法】でGIMPを使い制作した2つの髪テクスチャを使用します。

Cycleレンダーでアルファチャンネルの髪テクスチャを貼る方法


cycleレンダーで髪のテクスチャを貼りたいパラ。


Blenderレンダーとはやり方が違うんだ。Blenderを起動し「メッシュ」から「平面」を追加しよう。

infoツールバーより「Cyclesレンダー」に切り替える。画面を2分割し「ノードエディター」へ。マテリアルをプロパティから新規追加をしよう。下の画面を更に2分割して「UV/画像エディター」に切り替えると見やすくなるぞ。


ノードエディターで「Shift+A」を押して「テクスチャ」から「画像テクスチャ」を選択しましょう。


「開く」ボタンを押して、1枚目に制作した髪のメインとなる画像を読み込む。次のようにノードをつなげよう。


平面を選択して「編集モード」に切り替えましょう。「U」を押して「展開」を選択。


3DView画面を「レンダー」表示にするぞ。リアルタイムで編集が反映される便利な機能だ。


ノードエディターを見ましょう。最初に追加した「画像テクスチャ」をクリックして、オレンジの枠が付いたことを確認したら「Shift+D」で複製するの。

次に「Shift+A」で「シェーダー」から「ミックスシェーダー」を追加。続いて「Shift+A」から「シェーダー」→「透過BSDF」を選択。

複製した画像テクスチャに2枚目の髪テクスチャ「アルファ透過用の髪テクスチャ」を読み込ませて画像のようにつなげるわ。


Cyclesレンダーを使い毛先のある髪のアルファ透過テクスチャが完成や。


Blenderレンダーよりもクオリティーが高い☆彡


cycleレンダーは簡単にクオリティーの高い画像を出力できるパラ。透過はノードを使うパラ。

パーティクルのヘアー機能はデータ量が多くなるパラ。パソコンスペックが低い場合はテクスチャ式髪型を使用したほうが動作が軽くなるメリットがあるパラ。

スポンサード リンク

-モデリング

Copyright© もやパンダのBlender+ , 2019 All Rights Reserved.