雲の形を変える方法と雲の色を変えるやり方

スポンサードリンク

雲には、積乱雲・乱層雲を始め、うろこ雲など多くあります。また、その見たタイミングでも雲の形は違います。Blender機能のアドオンを使用して雲を作ります。

雲の形を変える方法


好きな形の雲を作りたいパラ!作れるパラ?


雲はええで。見てるだけで時間なんて忘れてまう。雲を見るだけで嫌なこと忘れることができるんや。曇りの雲は逆効果やけどなwww。カッカッカッ。


わたし”あめ玉”の雲つくりたい☆彡ちょっと待ってよ~、ここはあえて”わたあめ”の雲かな!?


Blenderで雲を作ることはできるわ。形も自由自在に変えられるの。【立方体】を追加して、形を変えましょう。


編集モード】に切り替えよう。Ctrl+RWで細分化しながら頂点を増やしていくぞ。ポイントは、作りたい雲を思い浮かべながら作りたい雲の形が出来るように頂点数を増やしていく。


腸点数がいっぱい増えた☆彡


ここでは簡単な形を作っていくで。アドオンツールを使用して雲にするんや。せやからあまり複雑な形状にせえへんほうがええかもしらへんな。簡単なオブジェクトにしておくのが無難や。


簡単な雲パラ。形ができた次はどうするパラ?


形が決まったら、【細分割曲面】でポリゴンを増やしていくの。


Blender機能のアドオンをONにするぞ。すでにONにしている場合はこの工程を飛ばして大丈夫。【Cloud Generator】にチェックを入れて、機能を追加しよう。


左ツールバーから【Cloud Generator】欄にある 【Generate Cloud】ボタンを押すの。タイプがいろいろあるけど、目的の雲に設定してボタンを押すといいわ。 【F12】でレンダリングをしましょう。オブジェクトの形に雲が出力されるわ。


やったー!どっからどうみてもオブジェクトの形をした横長~い雲ができたじゃない♪びっくりするほど簡単で最高最高最高だよ~☆彡


編集してモデリングしたオブジェクトで雲が生成されたパラ~♪

雲の色を変えるやり方


この雲をどうせならピンクに染めたい☆彡かわい~くできるのかな?


緑ならできるで。むしろワイの好きなカラー”緑”にしかできへん。


いや、ピンクはもちろん、どんな色にもかえられるぞ。今回は緑に変えてみよう。【マテリアル】から【ボリューム】を選択する。シェーディング項目に【反射】があるから色を変えてみよう。


本当に緑の雲ができたじゃない☆彡ミステリアスでファンタスティック♪なんだかメロン味のかき氷食べたくなってきたよ~☆彡


雲があると印象が全然違うパラ。目的のシーンに合う雲の形や色を作るパラ。