カメラトラッキングが上手くいく方法のやり方

Blender基礎

Blenderには現実世界とCGの世界を合成する機能があります。カメラトラッキング、通称マッチブームです。

カメラトラッキングを上手く行う方法


デジカメやビデオカメラで撮影した実写映像を3D空間内に取り入れて合成をする機能がBlenderにはあるぞ。カメラトラッキング機能だ。このカメラトラッキング機能は、Blender搭載当時は精度があまりよくなかった。でも、バージョンを重ねる度にアップデートして随分安定してきた機能なんだ。


でも、カメラトラッキングは実写をコンピューターが識別計算するから“計算ミス”がおきるわ。そこで、なるべくカメラトラッキングが上手くいくように方法を見ていきましょう。

解像度を高くする

解像度は出来るだけ高くします。出来れば1920×1080サイズ以上が望ましいです。

コントラストはしっかり調整

コンピューターが判断します。映像には様々な色が記録されていますが、ハッキリと色の区別が分かるようにコントラストを少し上げて撮影しましょう。

カメラの動きはゆっくりと!

Blenderのトラッキング計算は、フレーム数一枚一枚をポイントとして記録されていきます。カメラの動きが早いと計算が困難となるため、基本的にゆっくりと動かすようにしましょう。

ノイズは低め

通常はあまり気になりませんが、ノイズを低減出来るカメラがあります

ザラザラの映像をBlenderトラッキングが認識しない可能性があります。空と街、どちらがカメラトラッキングに向いていると思えば「街」です。

空は青空と雲がほとんどで、極端ですが青と白の2色となるため色の識別が難しくなります。一方街は、道路や建物、窓、標識や信号など数多くの識別出来る物が存在します。

カメラトラッキング機能が、どの部分をターゲットにしているのか分かりやすくなります。


カメラトラッキングの成功率は撮影する人の腕にかかっているぞ!


コントラストをはっきりして、ゆっくり動かすパラ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
Blender基礎
cgBlenderをフォローする
もやパンダのBlender+