アニメーション

BoneとRigの追加と設定方法

更新日:

キャラクターを複雑に動かすには、Bone、つまりキャラクターに「骨」を組み込む必要があります。

一般的な動物は通常、骨があり関節があり筋肉を動かしています。Blenderでも同様に骨と関節を入れてキャラクターを動かしていきます。

はじめは、人間のようなモデルが分かりやすいとおもうので人体モデルを用意するとよいでしょう。

BlenderでBoneとRigの追加方法


Blenderでキャラクターを動かすにはどうしたらいいパラ?


ボーンと呼ばれる骨を組み込んでいくぞ。【Blenderユーザー設定画面】を開こう。

【アドオン】を選択して、虫眼鏡アイコンに【 rig 】と記入して検索。すると、右の項目に【Rigging:Rigfy】と表示されるから、チェックを入れて保存。画面を閉じよう。


Shift + A でアーマチュアを選択して【Human】を選びましょう。このHumanは、先ほど設定をしていないと表示されないわ。ちなみに、下にあるrigには顔の表情も含まれているの。さらに細かい設定が可能になるわ。


選択したら骨組みが追加された。通常一本一本骨を組み立て、骨同士を関連付けるけど、これには時間がかかってしまう。

このアドオンを使用すると、作られた状態で追加することが可能なんだ。時間の節約にもつながるし、特に人体など複雑な動きをするオブジェクトにはお勧めできる機能になるぞ。


今の状態はボーンがモデルと重なって見にくくなっているわ。プロパティーツール欄から【オブジェクト】を選択して、下にある項目の中から【表示】タブを開き、その中に【レントゲン】とあるのでチェックを入れましょう。その中の項目から【ワイヤーフレーム】を選択。ボーンが線になり見やすくなるの。


編集モード(editモード)にして、左のツール欄に注目しよう。【アーマチュアオプション】とあるから、【X軸ミラー】にチェック!左側のボーンを動かせば、右側も連動して動かすことができるぞ。このミラー機能は、左右対称のモデルで使用できる。


ボーンをキャラクターに合わせて配置しましょう。配置は画像を参考に。ポイントは、各ボーンがモデルの真ん中に来るように、そして、関節を意識しながらボーンを配置していきましょう。


指の座標が他の指と違うため、修正をする必要があるんだ。例えば、他の4本指は手の内側に曲がるのに対して、親指は外側に周り、骨折したような感じになってしまう。

プロパティの【アーマチュア】から【表示】にある【座標軸】にチェックを入れて、ボーンを選択したら Ctrl + R で回転しよう。ボーンの座標軸のみを回転させることができるぞ。


画像のように、左腕のボーンを選択しましょう。Nでバーを開き【アイテム】欄にある骨のアイコンに注目するの。ここにはボーンの名前が書いてあるわ。「名前.L」。

反対側のボーンを選択してみましょう。今度は「名前.R」になるわ。Lが左・Rが右と覚えておきましょう。すべてのボーンが左右、L/Rで関連しているか確認。


確認が終わったら、オブジェクトモードにする。スペースを押して【 rig 】と記入しよう。すると、下の方に【Rigfy Generate Rig】と表示されるから選択。


先ほどのボーンを基準に、別のRigボーンが追加されたわ。このボーンは「IK」という機能を含み、一つを動かせば連動して他のボーンを動かすことができるの。例えば、手の甲にあるボーンを動かせば、腕全体が連動して動かすことも可能になるわ。


単純な動きならBoneを一つずつ組み合わせてもいいパラ。複雑な動きをキャラクターでしたい場合は、RigBoneを付けた方が早く設定ができるパラ。

スポンサード リンク

-アニメーション

Copyright© もやパンダのBlender+ , 2019 All Rights Reserved.