3DCGソフトのBlenderが無料(オープンソース)になった理由

Blender基礎

Blenderは、有料ソフトにも負けないほどの機能を搭載している3DCG制作ソフトウェアです。オープンソースとして公開されているため、CGに興味がある人も始めやすいメリットがあります。

Blenderのはじまり(歴史)


CGの世界がすごいパラ!どうやって作ってるパラ?


パソコンで”モデリング”って呼ばれる方法を使いながら一つずつ形にしていくんだ。


現実では難しい世界をイメージして形にできるから”妄想好き”にはたまらないツールよ。例えば、虹の上を歩く人を映像の中で見せたり、動物が会話をしている姿も見せることができるの。


ほんとCGってすごいじゃない♪わたあめ100個をCGで作ってたべた~い!あれ?ちょっとまってよ~、わたしもCGだよね~?それって・・・それって・・・、最高最高最高だよ~☆彡


カッカッカッ、ワイらみんなCGやwww。3DCGを楽しむためのソフトはぎょ~さん存在するんや。中には数十万円から数百万円かかるもんもあるんやで。無料で使えるBlenderっちゅーソフトは、有料ソフトに引けを取らん機能が豊富で世界中から支持されてるんや。


ちょっとまってよ~、今すっごいこといわなかった~?無料で使えるって本当なの~?無料で使えるとか最高だけど~。

Blenderを無料で使える理由


無料で使えるCGソフトがあるパラ?


Blenderは無料で利用できるソフトは本当だ。でも初めは有料ソフトだったんだ。元々Blenderの会社はオランダのCGスタジオ、NEOGEO社に在籍していたトン・ローセンダール氏が、1989年に”インハウス・ツール”として使用していたのが始まりなんだ。


”Traces”の後継として開発を行う為に、Not a Number Technololgies(NaN)社を設立したの。でも、2002年にNaN社は倒産。これからといった時にBlenderは姿を消そうとしていたわ。その危機を救ったのがトン・ローセンダールさん。これまで共に仕事をしてきた相棒とも言えるBlenderのツールを簡単には手放すことができなかったの。


そこで誕生したんやー!”Blender Foundation”を設立したんやー!!Blenderの始まりはここからスタートしたんやー!

Blenderのソースコードの開放


トンさんがいなかったらBlenderはなかったパラ。


でもでもでもでも、会社を作ったってことは~お金を稼がなきゃいけないじゃない。無料で使えるソフトなんだよね~?


トン氏は、”ソースコード開放”を合言葉にした。そして募金キャンペーンを開始した結果、ソースコードを再びその手に戻すことができたぞ。現在Blenderは、募金を募りつつ、GPLの元、オープンソースウェアとして世界中で開発され、無償配布されている。


Blenderは世界中の人たちの募金で成り立っていたパラー!感動パラー!Blenderユーザーが支える3DCGソフトがBlenderパラー!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
Blender基礎
cgBlenderをフォローする
もやパンダのBlender+