Blender初期起動画面の見方とツールの場所

Blender基礎

Blenderを起動するとスタート画面が表示されます。Blenderはこの画面を基礎にCGを制作していきます。それぞれどの機能がどの場所にあるのかを確認しておきましょう。

Blender起動画面の見方と場所


Blenderを起動したらいろいろ出てきたパラ。


最初に出てくる画面がBlenderの基礎となる場所だ。最初にこの画面に慣れておく必要があるぞ。まずは何があるのかを確認してみよう。

1:info
保存や読み込みなど、Blenderの基本ツールが格納されている。

2:Outliner
現在使用中の管理ブラウザになる。

3:Properties
カメラやテクスチャ・各種ツールなど、すべての管理・設定ができる場所。

4:ポイントライト
起動時は全方向に光を飛ばすポイントライトが自動で生成される。

5:カメラ
被写体を撮影する

6:Object Tools
メッシュやオブジェクトに対して情報の管理や設定を行えるツール。

7:座標軸のアイコン
CGでは高さ・横・奥行きの3点で構成され、Z・X・Yで表示する。

8:グリッド
位置や大きさの目安に使用する。

9:3Dカーソル
新規素材を追加する時など座標基準になる。

10:立方体のオブジェクト
起動時に立方体が自動で生成される。

11:マニピュレータ
オブジェクトを移動・回転・拡大をする。

12:3DView
メイン画面。

13:Time line
主に、アニメーションを制作する時に活用する時間軸。


Blenderの画面は、必要な道具が一箇所にまとめられているパラ!


最初にどこに何があるのかを覚えておくとBlenderの作業のスピードが上がる。体をスタート画面に慣れさせておこう。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
Blender基礎
cgBlenderをフォローする
もやパンダのBlender+