作品

be動詞で否定文を作る方法

更新日:

be動詞にひと手間を加えるだけで否定文を作ることが出来ます。どのように構成すると肯定文が否定文に変わるのでしょうか?

be動詞の否定文の作り方


be動詞の肯定文の作り方はわかったパラ。否定文はどうやって作るパラ?


言葉の中で否定することはた~くさんあるからわたしも知りたい☆彡どうやって作るのかな!?


肯定文のbe動詞に一手間加えることで否定をする文を作る事が出来るぞ。「~ではありません。」と云う否定の文章になる。その方法は、『be動詞の後にnotを入れる』だけだ。

◎I am not good at English.
{私は英語が得意ではありません。}


簡単パラ~♪ノット♪ノット♪パラ。


be動詞の「am」の後に『not』を入れると否定文になる。この「not」が無ければ、「I am good at English.」で、「私は英語が得意です。の意味になって、肯定文になるぞ。

◎You are not a sportsman.
{あなたはスポーツマンではありません。}
※sportsman= スポーツマン

◎This is not a dream.
{これは夢ではありません。}
dream = 夢

◎That is not a pen.
{あれはペンではありません。}
pen = ペン


否定文はbe動詞のあとに「not」をいれるだけ☆彡簡単でおぼえやすいじゃない♪忘れないようにしなきゃ☆彡

be動詞否定文で短縮形の作り方


be動詞の「are」の後に「not」を入れると否定文にすることができる。ただ、英語は短縮を好む言葉だから、be動詞は短縮をすることが可能なんだ。


「not」を短くできるパラ?


うん、否定をする単語である「not」は、be動詞と一つに短縮をする事が出来るぞ!

◎are not
→ aren't(アーントゥ)

◎is not
→ isn't(イズントゥ)


ちょっとまってよ~?be動詞の「am」がないじゃない?仲間外れは神様におこられちゃうよ☆彡


am notは、「amn't」と、省略をすることが出来ない』んだ。


「am」だけ可哀そうパラ。省略してあげたいパラ。


I am not Mika. の文章がある場合に短く短縮をしたい場合は、『I'm not Mika.』と、「Iと合体をさせることができる。「am」の場合はちょっと特殊になるから覚えておこう。

be動詞の肯定文を否定文に変える書き方まとめ

be動詞の肯定文は「am/is/are」を使うことで文が完成しました。be動詞の否定文を作る場合には「not」をbe動詞の後に加えることで文が完成します。

英語は省略を好む言葉になります。テストなどの穴埋めでマスが限られている場合は省略形を使いましょう。

スポンサード リンク

-作品

Copyright© もやパンダのBlender+ , 2018 All Rights Reserved.