アニメーション

目のボーンを顔に追尾するように設定する方法

キャラクターには目が付いていますが、Rigを設定しただけでは頭を動かすと目だけが付いて来ない状態となります。 目はあらゆる動きをするので目自体にボーンを組み込み、動かせるようにします。 Blenderで目のボーンを顔に追尾するように設定する方法 頭を動かしたら目がついてこないパラ。 目も頭に追尾するように設定する必要があるぞ。頭と連動して、目が動くようにしよう。 頭と同時に動くようにするのは簡単だけど、眼球はいろいろな方角に動くわ。細かく動かせるように設定しましょう。 左の目を選択する。Shift +  ...

ReadMore

アニメーション

直感的な作業効率化のために顔にボーンを埋め込む方法

Blenderでは、【表情を付ける機能「Shapekeys」の設定方法】だけでも顔の表情をコントロールすることが可能ですが、このシェイプキーにボーンを組み込むことで、直感的に顔の表情を作ることが出来ます。 特にアニメーションを制作する場合には大幅な時間短縮にも繋がるので設定しておきたい機能になります。 【表情を付ける機能「Shapekeys」の設定方法】の解説の変形は合計4つ設定していますが、数が増えれば管理も大変になります。このチュートリアルは直感的に変形を操作する方法で、これにより度々シェイプキー欄を ...

ReadMore

アニメーション

歩く・早足アニメーションの設定方法

キャラクターのモデリングが完成してボーンを組み込んだら、アニメーションを制作しますが、動きを付ける動作ではその基本となる「歩く」動作が必要です。 歩くことが出来れば、キーフレームを短くして早足にも対応出来ます。 下記の説明では、ボーンを全選択して動きを登録しています。歩行最中に顔を動かしたい時には、全選択ではなく足と腕だけを選択して下さい。これにより登録以外の部分は制限なく自由に任意の動きをさせることが出来ます。 ポーズモードにして、すべてのボーンを全選択しますが、以下一番下にある移動用のボーンは選択から ...

ReadMore

アニメーション

Rigifyでバグが発生した時の回避方法

Blenderではrigifyでオブジェクトが破綻することがあります。回避方法とは? BlenderのRigifyでバグが発生した時の回避対策 Rig機能がおかしくなったパラ。キャラクターの身体が消えるパラ。 設定をしないといけないわ。キャラクターのオブジェクトにボーンを設定して、Rigifyを適用させた画像になるわ。 Ctrl + P から【自動ウェイトで】を選択しよう。すると画像のようになるぞ。そして、オブジェクトによっては顔が消えたりすることもある。 Blender Rigifyのハグ回避する対 ...

ReadMore

アニメーション

Rig機能でIKを使用しポーズを制限する方法

ボーンとウェイトが完了したらポーズを付けます。ボーンを一個一個関節ごとに設定していくのもよいのですが、時間を短縮出来る方法があります。 それはIK機能を使うこと。例えば、足首のボーンを選択して動かしただけで、足全体のボーンが連動し動かすことが出来ます。キャラクターを動かすにはボーンを動かします。 BlenderのRigでIKを使用しポーズを制限する方法 IK機能はどう使うパラ? 【N】を押してツールバーを開き、ポーズモードになっていることを確認しましょう。画像のように手の甲のボーンを選択するの。 Nキー ...

ReadMore

アニメーション

Weight Paint設定の仕方・使い方

Weight Paint機能では、ボーンで自動ウェイトした後に細かく修正することが出来ます。自動ウェイトはコンピューターが判断して影響を付けるため、思った場所にうまくウェイトされていない場合があります。このような場合に手動で正しく設定する必要があります。 BlenderのWeight Paint設定方法 自動ウェイトはどうやって使うパラ? モデル ⇒ ボーンの順に選択しましょう。モデルが赤で、ボーンが黄色の枠で囲まれていたら大丈夫。Ctrl + P でペイントブラウザを起動しましょう。【自動のウェイトで ...

ReadMore

アニメーション

BoneとRigの追加と設定方法

キャラクターを複雑に動かすには、Bone、つまりキャラクターに「骨」を組み込む必要があります。 一般的な動物は通常、骨があり関節があり筋肉を動かしています。Blenderでも同様に骨と関節を入れてキャラクターを動かしていきます。 はじめは、人間のようなモデルが分かりやすいとおもうので人体モデルを用意するとよいでしょう。 BlenderでBoneとRigの追加方法 Blenderでキャラクターを動かすにはどうしたらいいパラ? ボーンと呼ばれる骨を組み込んでいくぞ。【Blenderユーザー設定画面】を開こう ...

ReadMore

モデリング

スカルプモードの「F」キーで作業を効率化する方法

スカルプモードは、粘土状で編集が出来る機能です。一枚一枚メッシュを継ぎ足していくよりも早く目的のオブジェクトが作れることもあります。ここでは作業を効率よく行うためのテクニックを学びましょう。 Blenderのスカルプモード「F」で作業効率化 スカルプモードでFを使うと作業が効率化できるわ。 どうやって使うパラ? 立方体を細分化して、スカルプモードに切り替えよう。 Fを押しましょう。すると画像のように赤丸が2つ現れ、マウスを動かすと丸の中心にある黒い影が拡大縮小するわ。 これは、半径のパラメータのショート ...

ReadMore

モデリング

複雑な山を3秒でモデリングする脅威の方法

山をモデリングする場合、平面を追加して頂点を増やしながら山の形を生成していきます。もちろん球体からでも作れます。 この方法でもよいのですが、Blenderには山を作る機能が搭載されています。アドオンです。アドオンを使い3秒で山を作りましょう。 大幅な時間短縮と共にリアルな山や谷・崖をモデリングすることが可能です。 Blenderで複雑な山をモデリングする方法 Blenderは山を簡単に作ることができるぞ。 山を作るパラ! 【Blenderユーザー設定】から【アドオン】を選択しましょう。左カテゴリーにある ...

ReadMore

Blender基礎

Freestyle機能で線の太さを調整する方法

Blenderには、「Freestyle」という2D漫画に応用出来る出力レンダリング法が搭載されています。 最近の2Dアニメでも3Dの背景が多く使われるようになりました。この「Freestyle」機能は、背景だけではなくキャラクターにも使用することが出来ます。 Freestyle機能は、基本的に機能をオンにするだけで使うことが出来ます。その上で微調整などをするために細かい設定をする項目があります。 BlenderのFreestyle機能で線の太さを調整する方法 CGに線がつくとアニメ調が強くなるパラ。 ...

ReadMore

Copyright© もやパンダのBlender+ , 2018 All Rights Reserved.