アニメーション

電車をシミュレート(アニメーション)する方法

電車を線路で走らせるアニメーションです。他、ジェットコースターやヘビにも応用出来ます。クネクネと手作業で動かすのはなかなか大変な作業になりますが、以下の方法を使い、効率よくアニメーションしてみましょう。 Blenderで電車をシミュレート(アニメーション)する方法 電車を線路にそって走らせたいパラ。 電車のオブジェクトを用意しよう。一つ一つ立方体は独立しているけど、一つのオブジェクトとして設定してあるぞ。「カーブ」から「パス」を選択する。 テンキーの7を選択してトップ表示にするの。「編集モード」に切り替 ...

ReadMore

アニメーション

CGで星(star)を作る方法

SF作品や宇宙を扱ったシーンをCGで制作する時には【星】が不可欠です。何もない状態でもいいのですが、星があるとワンアクセントになります。 以前のBlenderでは標準機能に星を追加出来るツールがありましが、廃止されました。そこでパーティクルを使用して星をモデリングします。 Blenderで星(star)を作る方法 星はどうやって作るパラ?キラキラ星パラ。 【メッシュ】から【平面】を選択するぞ。追加した平面を上の方へ上げよう。そして、プロパティ欄から【パーティクル】を選択して新規追加。 【放射】の【終了 ...

ReadMore

アニメーション

ソフトボディー機能でゼリーを作る方法

ソフトボディーは、柔らかい材質を表現することが出来る機能です。ゼリーをシミュレートしてみましょう。 Blenderのソフトボディー機能でゼリーを作る方法 Blenderで柔らかい素材をシミュレーションしたいパラ。 立方体と平面を画像のように配置する。立方体を選択して「編集モード」にしよう。Wを押して「細分化」。頂点が多いほど柔らかくなるけど、やり過ぎるとクロスシミュレートみたいになるから、目的に合ったオブジェクトに合わせて加減が必要だ。 「オブジェクトモード」に切り替えましょう。プロパティから「物理演算 ...

ReadMore

アニメーション

Rigid body 剛体機能でイヤリングをシミュレートする方法

剛体、Rigid Body Constraint機能を使いイヤリングのシミュレート方法です。剛体機能はイヤリング以外に、鉄球などのシーンでも使用出来ます。 BlenderのRigid body constraint剛体機能で イヤリングをシミュレートする方法 物体が硬い場合のシミュレーションをどうやるパラ? UV球を6つ配置したイヤリングを用意する。一番上のUV球を選択。プロパティから「物理演算」アイコンを選択して「剛体」ボタンをクリックしよう。追加された設定項目の「タイプ」を「パッシブ」へ。 2つ目の ...

ReadMore

アニメーション

海の漂流物や船を シミュレート(Ocean)する方法

海洋(Ocean)を使い、海を表現します。海の波に揺られ漂う漂流物をシミュレートする解説です。漂流物以外にも船などのシーンで利用出来ます。 Blenderで海の漂流物や船をシミュレート(Ocean)する方法 海に浮かんでいる流木を表現できないパラ? できる。立方体を追加しよう。プロパティから「モディファイアー」アイコンを選択。「追加」から「シミュレート」項目の「海洋」を選択する。 海洋が適用されたわ。詳細設定の「解像度」を「20」にするの。解像度を上げることで綺麗な海を表現できるわ。タイムラインを「1」 ...

ReadMore

アニメーション

ダイナミック・ペイントで「雪や波や鉛筆」をシミュレート!

ダイナミック・ペイント機能は、鉛筆で文字を書くアニメーション、雪山や沼を歩く時に足跡が付くアニメーション、船や漂流物、魚などの物体が動くたびに発生する波をアニメーションすることなどが出来ます。この解説では、鉛筆→雪→波の順で説明しています。 Blenderのダイナミック・ペイント「雪や波や鉛筆」をシミュレートする方法 雪の上を歩くシーンを作りたいパラ。できるパラ? シミュレーション機能でできるけど、雪だけじゃなくて、鉛筆や波の表現にも使えるぞ。平面とモンキーを追加して、「平面」を選択する。 「プロパテ ...

ReadMore

アニメーション

旗のシミュレート(Cloth)を設定する方法

Blenderのクロス機能を使い、旗をシミュレートしてみましょう。風に吹かれて自然に揺れる旗を作ります。静止画でも使用出来ますが、特にアニメーションの制作で威力を発揮します。 Blenderで旗のシミュレート(Cloth)を設定する方法 旗のシミュレーションができるパラ? うん、できるわ。「平面」の旗、「円」の固定棒をモデリングしましょう。プロパティから「モディファイアー」を選択して「クロス」を選択。 アニメーションを Alt + A で再生してみよう。するとそのまま平面(旗)が落下していくぞ。落下しな ...

ReadMore

アニメーション

カメラトラッキング(マッチムーブ)で実写合成をする方法

カメラトラッキング機能は、実写の映像をCGと合成することが出来ます。普段撮っている映像にCGを加える事で更なる面白い映像を作ることが出来ます。 Blenderのカメラトラッキング(マッチムーブ)で実写合成をする方法 Blenderで実写合成はできるパラ? マッチムーブと言われている方法だ。できるぞ。動画に合成するオブジェクトをBlenderに読み込ませておこう。【動画クリップエディター】に切り替える。 【開く】ボタンがあるので押して動画を読み込みましょう。 動画が読み込まれた。左ツールバーから【特徴を検 ...

ReadMore

アニメーション

CGで連続爆発をアニメーションする方法

連続する爆発の解説です。戦争物や宇宙物、科学室や工場物など、様々な場面で活用出来ます。 Blenderで連続爆発をアニメーションする方法 爆発シーンはCGで多いパラ。作れるパラ? 作れるぞ。メッシュからUV球を追加する。追加されたUV球を選択して、左のツールバーから「スムーズボタン」を押して滑らかにしよう。 スペースキーを押して検索欄にQと記載する。下の方に「Quick Smoke」と表示されるから選択しよう。 画像のように長方形が表示されたわ。長方形を選択して、右プロパティ欄から「物理演算アイコン」 ...

ReadMore

アニメーション

雨の波紋をアニメーションで表現する方法

雨は静かな雰囲気を出すには絶好です。神社のシーン、窓で外を見つめるシーン、帰り道の公園のシーン、晴れている日と真逆の雰囲気を伝えることが可能です。 Blenderで雨の波紋をアニメーションで表現する方法 雨の波紋をCGで表現できるパラ? できるぞ。【メッシュ】から【平面】を選択する。Sキーで平面を拡大しよう。この平面は雨を降らせる平面になるぞ。 画像は4倍に拡大している。S → 4(テンキー)で4倍に拡大できる。Gで上の方へ移動させよう。 続いて、雨を受ける平面を追加する。【メッシュ】から【平面】を追加 ...

ReadMore

Copyright© もやパンダのBlender+ , 2019 All Rights Reserved.